藤本窯業株式会社 当社関連施工実績約380棟!
太陽光発電(ソーラーパネル) 藤本窯業(株)会社概要 最新情報 施工実績 リフォームの流れ お見積もり依頼
断熱工法(ルーフカバー工法)

大波スレートの4.5mm品(質量11㎏/㎡)による軽量化と敷き母屋工法による施工の簡便化と施工価格の低廉化を実現致しました。

※詳しくは、資料請求お願いします。

スレートカバー工法
ストレート屋根二重葺き工法で快適な作業環境を得られることが証明されました
スレート屋根二重葺き工法は、既存のスレート屋根に重ね葺きするだけの簡単な工法です。
この工法は、鉄板カバー工法(既存スレート+鉄板0.5mm)と比較し、体感温度をさらに2℃下げることが可能となります。
今回、SKC協会では武蔵工業大学・宿谷研究室に実験を依頼し、その結果以下のようなデーターを得ることができました。
実験レポート

武蔵工業大学構内にあるスレート一重葺きの実験棟に鋼製スペーサー工法によるスレート二重葺を施工し、8月の酷暑の最中に遮熱効果実験を実施しました。

今回の実験では、スレート一重葺、スレート二重葺の場合において測定を実施しました。また、鋼板カバー工法の屋根裏面温度をこのデーターに基づき計算し、その結果を3つのパターンで比較しました。

よく晴れた夏の正午近く、
それぞれの屋根裏温度は(図1)
(1)スレート一重:50~55℃
(2)スレート二重:36~38℃
(3)スレート一重+鋼板:45~50℃
体感温度(ここでは作用温度※1)を以下の条件で計算しますと、室内温度が30℃のとき、
(1)スレート一重:36℃
(2)スレート二重:33℃
(3)スレート一重+鋼板:35℃

※1作用温度とは体感温度の一種で、人体の周りの床・壁・天井の表面温度の平均値と室内気温の和を2でわったものです。

 

武蔵工業大学構内実験棟での施工風景
屋根裏面温度 実験の様子
エネルギー解析
屋根仕様による遮熱性能の違いを「エクセルギー」という概念で説明してみます。エクセルギーとは物質とエネルギーの資源性を拡散能力として統一的に表すことが出来る概念です。
その中で「温エクセルギー」とは、ものをあたためる能力で、その値が大きいほど暑さをもたらす効果が大きいということになります。
エクセルギー解析